そもそも…【ホームページって何?】

悩む女性

ホームページとは、インターネットを使って情報を公開する「広告」です。

広告を公開する方法は主に、新聞、チラシ、情報誌、テレビ、ラジオなどがありますが最近は、どの広告も加えて詳しくは「ネット」「ウェブ」「検索」でというのを見たり、聞いたりする事がよくありますよね?

近年、携帯電話(特にスマートフォン)の普及と共に生活していく中でインターネットを使う事が多くなってきました。

何か分からない事や探し物があればインターネット「検索」する事で知りたい情報や知らなった情報を詳しく誰でも簡単に知る事ができるようになりましたね。

自分のホームページを作成し公開すると伝えたい情報(商品)などを大勢の人に知ってもらう事ができます。

さらに24時間365日世界中どこからでも知りたい情報をゆっくり確認する事ができるんですよね。

これは情報誌やテレビ、ラジオなどには 無い公開方法であり、そのうえ、たくさんの情報を発信できるメリットがあります。

ですが、いい事ばかりではありません。もちろん公共に発信するので、無料ではないです。費用がかかります。

ホームページを作成し公開する事は、特別な道具がいるわけではありません。みなさんが使っているパソコンと操作方法を学べば、意外と簡単に作る事ができます。

でも作成会社に作ってもらうのが、一般的だと思います。作成会社の ホームページ作成料の相場というと5万円〜100万円でしょうか?

かなり幅が広く100万円以上するものもあります。その要因として多様なデザインです。

多様なデザイン広告は目をひきますが、デザインが良く値段が高いからといってかならず良い結果になるとは限りません。

作成料の大半がデザイン料で作成側の言い値で、高価格の作成サービスがとても多い為ホームページ作成は高い広告と思ってしまう方が大勢いるのが現状です。

高いと叫ぶ

そしてこの「ホームページ」という言葉ですが、使ったり聞いたりしたことがあると思います。

「自分のホームページを作ったよ!」

ホームページ見て確認してみたら?」

インターネット上で自己所有しているページの事を意味していると何となく分かると思います。

今、見ているこのページのタイトルでも「ホームページ作成!」と使っています。

実は「ホームページ」ではなく「Webサイト」と言って使うのが正しいのです。

続きは「Webで!」「Web検索してね!」「Webサイトで公開中」とか聞いた事がありますよね?

言われてみれば、「ホームページ」「Web」二つの言い方してるなって思いませんか?。

でも「ホームページ」と言っても伝わるので「ホームページ」という言い方が間違いというわけでもありません。

ホームページとWebサイト

この二つの言葉の使い方と意味を紹介します。

管理人
ポイント!

結果から言うと「ホームページ」と言っても「Webサイト」と言っても伝わるので使いわける必要はないですね。

1.ホームページ

パソコンやスマホでインターネットを見る時にGoogle chromeやInternet Explorerなどのソフトやアプリをポチッ!としますよね?

ブラウザアイコン

するとインターネットの画面が表示されます。Yahoo!JapanやGoogleなど、表示される画面は人によって違いますが、最初に表示された画面が「ホームページ」です。「トップページ」ともいいます。

この表示画面は設定すれば自由に変える事ができますね。

管理人
ポイント!

自己所有しているページをホームページというのは日本人だけで、英語では通じない和製英語なのです。

『ホームページ』のホームは「我が家」とか「自分の場所」と訳す事ができます。なので自分の所有してるページを「ホームページ」と呼ぶようになったのではないでしょうか。

2.Webサイト

検索してポチッ!と、インターネットのページの文字をポチッ!として今、ここに辿りついたと思います。今あなたが見ているものを『Webサイト』もしくは『Webページ』と言います。

日本ではホームページで伝わりますが、世界共用語はWebサイト(ページ)です。Webサイトを日本語に訳すと

「Web」は蜘蛛の巣 「サイト」は敷地になります。

なので「Webサイト」を直訳すると、蜘蛛の巣の敷地になりますね。英語で伝えるならホームページではなくMy Webサイトが正しいですね。

Webは英語で蜘蛛の巣ですが、スパイダーネットじゃないの?って思う人もいると思います。

このWebという言葉は『World Wide Web』(ワールド・ワイド・ウェブ)の略称です。

『World Wide Web』(ワールド・ワイド・ウェブ)とは?

ワールド・ワイド・ウェブ

ハイパーテキストというWebサイト同士が結ばれ、世界中のWebサイトが蜘蛛の巣のように繋がって見えるので『World Wide Web』(ワールド・ワイド・ウェブ)と名前がつけられたそうです。

それとよく目にした事がある思う『http://www.〇〇〇〇.com』の文字列の『www』の部分も『World Wide Web』(ワールド・ワイド・ウェブ)の略称です。

1.ハイパーテキスト

文章や画像、音楽データをハイパーリンクでつなげる機能をハイパーテキストといいます。これが世界中に広がったものをワールド・ワイド・ウェブといいます。

ハイパーテキスト
ワールド・ワイド・ウェブ2

まとめ

ホームページはインターネットを使って情報を公開する「広告」

高額で作成したホームページが良い結果になるとは限らない!

『ホームページ』は和製英語で正しい言い方は『Web』だけど『ホームページ』でも伝わるので間違いではない!

『Web』は世界中に広がったハイパーテキストで『World Wide Web』(ワールド・ワイド・ウェブ)の略称

∞ 初心者おすすめ作成ソフト
∞ホームページの基礎知識
∞ホームページ作成ソフト
∞ネットビジネスの始め方
〜20万円の収入を得る方法〜

| トップページ |

| 最短HPテンプレート | シリウス | 賢威 |

|会員制サイドビジネス講座 ファーストクラス|

| お問い合わせ |